カード決済・銀振・代引で日本全国どこでも配達します!

※沖縄県・離島の方もぜひご相談ください!

とじる

ダンボール(段ボール箱)・梱包資材の通販サイト【中村屋】

ダンボール広場引越し後のダンボールをスムーズに片付けるには?

ダンボール広場引越し後のダンボールをスムーズに片付けるには?

引っ越しがいよいよ大詰めになると、ダンボールに詰め込んだ荷物を新しい部屋で荷ほどきしなければいけません。
しかし、ついつい荷ほどきを先延ばしにしてしまって、気がつけばいつまでもダンボールが積まれたままという方もいらっしゃいます。

そこで、今回は引越し後にダンボールをスムーズに片付ける荷ほどきのコツをご紹介します。これから引越しのご予定がある方はぜひ参考にしてください。

引越し後のダンボールをスムーズに片付けるには?

それでは、引越し後の荷ほどきをスムーズに進めてダンボールを片付ける方法を見ていきましょう。引っ越し作業の際に少し気を配るだけで、あとから荷ほどきが楽にできます。

ダンボールは部屋ごとに分けて運ぶ

引越し作業では、荷物が入ったダンボールを最初から部屋ごとに分けて運ぶようにしましょう。引越し前にあらかじめ部屋の名前を書いておくと引越し業者に運んでもらえます。
また、ダンボールの中身の名前も事前に書いておき、荷物を置くときは名前が書かれた面が見えるように揃えておくとあとからスムーズに荷ほどきできます。

すぐに使うダンボールから開けていく

荷物を部屋に運び込んだら、まずはすぐに使うものが入ったダンボールを優先的に開けていきましょう。
例えば、布団やお風呂用品、季節に合った洋服や下着など日常的に使っているものを先に出しておけば全ての荷ほどきが済んでいなくてもすぐに使えます。
優先的に荷ほどきするダンボールから片付けていくためにも、あらかじめ名前を書いておくことが大切です。

このように、引越しのときは事前に荷物に名前を書いてしっかりと管理し、持ち運ぶ部屋や中身を分かりやすくしておくと荷ほどきもスムーズになります。
さらに、部屋の名前や中身以外にも自分であとから仕分けしやすい情報をダンボールに書いておくとよいでしょう。

荷ほどきしてダンボールを片付けるときの注意点

次に、荷ほどきでダンボールを片付けるときの注意点を見ていきましょう。いくつかの点に注意しておくと作業がよりスムーズになります。

ダンボールは一度にいくつも開けない

荷ほどきをするときは、ダンボールを複数開けて同時に作業するのではなく一つずつ片付けましょう。いくつも開けて作業すると効率が悪くなってしまい、かえってスピードが遅くなってしまいます。
また、片付ける荷物を思いつくままに手当たり次第開けたり、部屋に運ぶ前にダンボールを開けて中身を広げるのは余計に手間がかかるため避けましょう。

面倒な荷物を後回しにしない

荷ほどきをしていると、滅多に使わない物や整理が面倒な物が入ったダンボールも出てくると思います。しかし、これらを後回しにして放置するといつまでも片付かないだけでなく、ダンボールに害虫が寄ってくる原因にもなります。
また、引越し作業中に物が破損している場合もあります。ダンボールのまま放置はせず、中身の状態を確認するという意味でも最後までしっかりと荷ほどきを済ませましょう。

中身を出したダンボールはすぐに片付ける

ダンボールを片付けるときの注意点荷ほどきが終わったダンボールはすぐに畳んで片付けるようにしましょう。空のダンボールを置いておくと場所を取ってしまい作業の邪魔になります。
荷ほどきをしているとついついダンボールの片付けを後回しにしてしまいがちですが、荷物を出したらダンボールを畳む作業も一緒に行なうと綺麗に片付けられます。

まとめ

引越し後の荷ほどきをスムーズに進めてダンボールを片付ける方法をご紹介しました。
引越し前から準備や荷造りなどで忙しい日々を過ごしていると、引越し後はつい気が抜けてしまって荷ほどきが後回しになることも多いですが、しっかりと最後まで終わらせることが大切です。

引越しの際は、今回ご紹介した方法や注意点を参考にして気持ちよく新生活をスタートさせましょう!

ダンボール広場の記事一覧