カード決済・銀振・代引で日本全国どこでも配達します!

※沖縄県・離島の方もぜひご相談ください!

とじる

ダンボール(段ボール箱)・梱包資材の通販サイト【中村屋】

ダンボール広場ダニに注意! 使用済みダンボールの取り扱い

ダンボール広場ダニに注意! 使用済みダンボールの取り扱い

引っ越しや収納など、さまざまな用途に使えるダンボール。

近年では、インターネット通販の梱包やDIY用の材料としての利用など、個人のダンボール使用量が増加の傾向にあります。

一方で、実は使用済みダンボールにはダニが繁殖している可能性があり、注意が必要な一面があることをご存知でしたか?

使用済みダンボールの保管には要注意!

使用済みダンボールの保管には要注意!
荷物が入って送られてきたダンボール。
特に目立つ汚れもなくキレイな状態だった場合、そのまま保管して再利用しようと考える方も多いと思います。

しかし使用済みダンボールは、例え一度しか使っておらずキレイに見える状態でもそのまま保管するのはリスクがあります。

実はダンボールは荷物を運んでいる過程で、ダニやゴキブリなどの害虫が接触し卵を産み付けている可能性があるからです。
つまり、害虫の卵が付着していると気付かずそのまま保管した場合、家の中で害虫が繁殖してしまう恐れがあるのです。

ダンボールはダニにとって天国?

ダニやゴキブリなどの害虫は、なぜダンボールで繁殖するのでしょうか。

ダニの場合は、ダンボールが持つ「保温性」と「保湿性」が大きく関係しています。

湿気を吸いやすい性質を持つダンボールの中は温かく、実はダニにとって住みやすい環境でなおかつ繁殖力を高める原因となります。

また、ダンボールを濡れたまま放置したり、長いあいだ放っておいたりするとダニのエサとなるカビやホコリが発生し、ダニにとって天国のような環境になってしまいます。

そしてダニは、一度の産卵で2000〜3000個もの卵を産むといわれています。
特にジメジメした梅雨の時期はダニが発生しやすいため、使用済みダンボールは不要になったらすぐに捨てることが大切です。

ダニが付いたダンボールはゴキブリも呼び寄せる!

そして、害虫の中でも特に苦手な方が多いゴキブリは、ダニやダンボールに使用されている接着剤も食べます。
また、ダニだけでなくゴキブリにとってもダンボールの中の空洞は産卵して繁殖する絶好の場所です。

外から送られてきたダンボールにダニや卵が付いていた場合は、もともと家にいたゴキブリを呼び寄せる恐れがありますので注意が必要です。

さらに、ダニが発生しゴキブリが寄ってきやすいダンボールには、それらをエサにしているクモも繁殖しやすい環境となりますので、害虫駆除剤を用意しておくなどの対策が必要です。

使い古しダンボールの害虫の繁殖を防ぐには

使い古しダンボールの害虫の繁殖を防ぐには
それでは、ダンボール内でダニやゴキブリなどの害虫が繁殖しにくくするためには使用済みダンボールをどのように取り扱えばよいのでしょうか?

外部から持ち込んだダンボールはすぐに捨てる

通販などを利用し、宅配で送られてきたダンボールには既にダニの卵が付着している可能性があります。
また、スーパーなどのお店でもらってきたダンボールもダニ対策という意味では問題があることが多いため、使い終わったら保管せずにすぐに捨てることをオススメします。

押し入れやクローゼットの収納には新品ダンボールを

押し入れやクローゼットはホコリや湿気が溜まりやすい場所です。
湿気によってカビが生じることで、カビやホコリをエサにしているダニやほかの害虫が繁殖しやすくなる原因になります。
そのため、ダンボールを自宅で使用する場合は新品で購入したダンボールを使いましょう。

風通しのよいところで使う

ダンボールで収納するときの注意点は、新品のダンボールを通気性のよい場所で使用することです。
その際ギュウギュウに詰め込みすぎず、湿気やホコリを溜めないことでさらに害虫の繁殖を防ぐことができます。
また、ダンボールの近くに除湿剤を置くのも効果的です。

まとめ

ダンボールによって害虫を繁殖させないための注意点をご紹介いたしました。

通販の利用や引っ越しなどでダンボールを使用することが増えた人も多いと思いますが、きちんと管理し不要なダンボールは溜め込まないようにしましょう。
そして、ダンボールを収納やDIYに使用する場合は新品を使い、汚したり湿気てしまったものは交換したりしましょう。

現在、通販でも綺麗な新品ダンボールを少数で購入することができます。
むやみに家に溜め込まず、必要な分だけ必要な時に買うことがダンボールと上手に付き合っていける方法ですね。

ダンボール収納は悪い面だけではなく、不要になった際の処分のしやすさや、サイズ展開の多さ、比較的安価で購入出来るなどの魅力もあります。もちろん、郵送物の梱包には今や欠かせないものになっています。
みなさんもダンボールを上手に使って、収納や梱包、制作に活かしてください。

ダンボール広場の記事一覧