カード決済・銀振・代引で日本全国どこでも配達します!

※沖縄県・離島の方もぜひご相談ください!

とじる

ダンボール(段ボール箱)・梱包資材の通販サイト【中村屋】

ダンボール広場あると便利なダンボールカッターについて

ダンボール広場あると便利なダンボールカッターについて

近年、インターネット通販などの普及により一般家庭でダンボールを扱う機会が増えてきました。一方で、ダンボールの開封や解体がうまくできず面倒だと感じる方も多いのではないでしょうか?

今回は、ダンボールが楽に切れる「ダンボールカッター」についてご紹介いたします。

ダンボールカッターとは?

「ダンボールカッター」とは、その名のとおりダンボールの開封・解体や硬いものを切る目的に作られたカッターです。ダンボールカッターを使うことでダンボールを切る作業が楽に行なえます。

現在はさまざまな形状のダンボールカッターが発売されていますが、一般的なタイプは先端が丸く、刃の部分は細かいギザギザになっておりノコギリのように小刻みに動かして切ります。

日頃から通販を利用される方にはもちろん、子供の工作用としてもオススメのアイテムです。

ダンボールカッターを使うメリット

ダンボールカッターを使用すると具体的にどんなメリットがあるのでしょうか?

ダンボールの中身を傷つけない

ダンボールカッターを使うメリット刃先が尖った刃物でダンボールを開けると中身を傷つけてしまうことがあります。
一方、ダンボールカッターは刃先が丸いため中身を傷つける可能性が大幅に下がります。中身がどのような状態で入っているかわからないときなどにオススメです。

子供でも使いやすい

刃先が丸いダンボールカッターは、工作などで子供が使用するカッターとしてもオススメです。また、通常のカッターナイフのような鋭利な刃ではなく、ギザギザの刃で小刻みに動かすと切れる設計になっているため、力の加減を誤って怪我をするなどの危険が低くなります。
さらに、ダンボールカッターの刃は丈夫で折れる心配も少ないため、刃が別の場所に混入してしまうリスクも避けられます。

ダンボールカッターの選び方

便利で安全なダンボールカッターにはさまざまな種類があります。ここでは、ダンボールカッターの選び方についてご紹介いたします。

手動タイプか電動タイプで選ぶ

ダンボールカッターは、手動と電動でタイプが分かれています。
手動タイプは子供の工作など力の加減が必要な作業に向いているほか、ダンボールの開封・解体だけでなく発泡スチロールなども切ることができます。

一方、自動でカットしてくれる電動タイプは力に自信がない方や、一度にたくさんのダンボールを細かくカットしたいときにオススメです。厚めのカーペットなども簡単に切ることができます。

安全性の高いものを選ぶ

ダンボールカッターは通常のカッターナイフに比べて安全性が高いとはいえ、刃物ですので怪我をする可能性があります。そのため、特に子供が使用する場合はより安全性が高いものを選びましょう。
例えば、手動タイプは刃先が出し入れできるものやカバーが付いているものを選び、電動タイプは指の挟み込み防止などの安全装置が付いたものを選ぶようにしましょう。

持ち手の握りやすさで選ぶ

ダンボールカッターは持ち手の大きさや太さ、使われている素材などもさまざまです。
種類によって使い心地が異なりますので、特に子供や年配の方など使う人の握力や手の大きさに合わせて選びましょう。

機能で選ぶ

ダンボールカッターは、ダンボールだけでなく梱包に使用されるPPバンドが切れるものをはじめ、発泡スチロールやビニール、カーペットなども切れるタイプがあります。
カッターを選ぶときはダンボール以外には何が切れるかチェックしてみましょう。

まとめ

ダンボールを開封・解体するときに便利なダンボールカッターについてご紹介しました。

ダンボールは通常のカッターナイフやハサミなどでも切れますが、思うようにカットできず切るのが苦手だという方もいらっしゃいます。
ダンボールカッターを使用すると、一般的なカッターよりも簡単かつ安全にダンボールを切ることができますので、ぜひ一度試してみてくださいね。

ダンボール広場の記事一覧