カード決済・銀振・代引で日本全国どこでも配達します!

※沖縄県・離島の方もぜひご相談ください!

とじる

ダンボール(段ボール箱)・梱包資材の通販サイト【中村屋】

ダンボール広場ダンボールに本を上手に詰めるポイント

ダンボール広場ダンボールに本を上手に詰めるポイント

引越しのときに行なう荷造りは、身の回りのあらゆるものをダンボールに詰めなければならないので、なかなか大変な作業ですよね。
その中でも、文庫本やマンガ、雑誌などの本はそれぞれサイズや重さ、厚さが異なりますので、どのようにダンボールに詰めればいいのか悩ましい荷物のひとつです。

そこで、今回はダンボールに本を上手に詰めて荷造りをスムーズに進めるポイントをご紹介します。

本を詰めるダンボールはサイズ選びが重要?

ダンボールに本を上手に詰めるには、まずは最初のサイズ選びが重要です。
例えば、サイズの大きなダンボールに本を詰め過ぎてしまうと、大変な重さになり持ち上げられなくなってしまいます。さらに、重くなりすぎてしまうと運んでいる最中にダンボールの底が抜けてしまう原因となり危険です。

そのため、本を詰めるダンボールは小さいサイズのものを選ぶようにしてください。小さいサイズの方が、荷物が重くなりすぎず運びやすいだけでなく、本のジャンルやサイズごとに小分けできて便利です。

また、ダンボールに入れずに紐で縛って本をまとめる方もいらっしゃいますが、この方法は引越し業者が運びづらいだけでなく、本が傷ついて破けることがありますので避けましょう。

ダンボールに本を上手に詰めるには?

それでは、ダンボールに本を上手に詰めるポイントを見ていきましょう。荷造りの際は、下記の点に気を配っておくと楽に作業が進められますのでぜひ参考にしてください。

本は寝かせてダンボールに詰める

本は寝かせてダンボールに詰める

ダンボールに本を詰めるときは、寝かせて平置きにした状態で入れていくようにしましょう。
本を立てた状態でダンボールに入れると、運ぶときの揺れや他の荷物が上に積み上げられたときに負担がかかって傷みやすくなります。

平置きしていくときは、図鑑や辞典など重くてサイズが大きい本が下になるように入れていき、マンガや文庫本など小さくて軽い本が上になるように詰めるのがポイントです。
また、重くてサイズが大きい本は一つのダンボールに詰め過ぎず、いくつかの箱に小分けして入れるようにしましょう。

緩衝材もダンボールに入れておく

ダンボールに本を詰めていく際、きれいに平置きで入れていっても箱の中で必ず隙間ができてしまいます。隙間をそのままにしていると、荷物を運んでいるときにダンボールの中で本が動いてしまい、折れたり曲がったりする原因になるので注意が必要です。
このような隙間を防ぐためには、本を入れたあとに緩衝材や新聞紙、タオルなどを一緒に詰めておきましょう。

ダンボールの底にガムテープを十字に貼る

ダンボールに本を詰める前に、念のため箱の底にガムテープを十字に貼っておきましょう。
あらかじめガムテープで補強しておくことで底抜けを防止でき、スムーズに引越し作業が進められます。

そのほかにも、荷造りをする前にできるだけ不要な本を整理・処分して減らしておくなど、作業を進めやすくするにはさまざまなポイントがあります。

まとめ

ダンボールに本を上手に詰めて荷造りをスムーズに進めるポイントをご紹介しました。
引越し経験が豊富な方でも、作業の忙しさのあまりこれらのポイントに気が向かず、余計な手間がかかってしまっていたというケースも少なくありません。

今回ご紹介した方法で手間がかかる荷造りを少しでも楽に進めて、すっきりした気持ちで新生活を迎えられるようにしましょう。

ダンボール広場の記事一覧